ニュース no.107 (2018.2.13)

今月のニュース  目次

○ 太宰治文学館・吉村昭書斎(仮称)の井の頭公園内設置を撤回!
○ 三鷹市議会いのちが大事市民の声を聞くつどい
○ 予告2018 いっしょ広場春◆本当の平和をつくろう
○ 青梅市・立川市の議場棟視察
○ 外環
○ いっしょの会丸木美術館ツアー
○ 庁舎建替え基本構想策定のためのまちづくりディスカッション傍聴
○ 井出英策さん講演会
○ 女性議員パワーアップ講座

(2018.2.13)

太宰治文学館・吉村昭書斎(仮称)の井の頭公園内設置を撤回!

事実上の白紙撤回2/2、三鷹市は、井の頭公園以外の場所に整備することとし、スケジュールは見直すと発表しました。今後は、「三鷹市ゆかりの文学者顕彰事業検討会議(仮称)」を設置し、太宰治生誕100年企画等の顕彰事業や、文学館の検討を継続していく、としています。2/5の予算内示の全員協議会、2/8の文教委員会で、市長からの報告と質疑がありました。

市民の声  理由の1つ目は、市民の声。昨夏の最初のパブリックコメントには115人(内団体
3)、年明け締切の修正案には112人(内5団体で255筆と30筆の署名付)が提出。井の頭公園内で活動してきている団体等からの、公園外設置を求める声は重い。

10億減の財政難  2点目は財政。地方消費税の精算基準の見直しが突然決定。結果、東京都は1千億円の減収、三鷹市も約5億円の減収となることが12月下旬に決定。ふるさと納税の減収が5億円超えることもほぼ確定。今後も減収が続き、対策が必要な事態。加えて、修正案の東広場は、水はけが悪く地盤改良工事に別途4~5千万円の必要と判明した。

決断は評価  「庁舎建替えを控えているので、文学館は全体のバランスをみて検討し直す。場所は白紙。土地の新規購入はしない。適地があれば検討」等の答弁があった。絵本館と同様、ソフト先行で事業は継続するとはいえ、施設建設はいわば棚上げ。このタイミングで立ち止まる決断をしたことは、評価したい。

三鷹市議会いのちが大事市民の声を聞くつどい

えっ!またハコモノ?
参加と協働どこへ行ったの?

”いのち”最優先の市政へ

日時2018年2月18日(日)14:30~
場所三鷹市市民協働センター2F
第1会議室
プログラム
報告1:市立特養どんぐり山
伊沢けい子
報告2:太宰治文学館等
嶋﨑英治
報告3:市庁舎等建替野村羊子
報告4:2018年度予算野村羊子
意見交換:三鷹市政について

◆2018 いっしょ広場春◆本当の平和をつくろう

~「積極的平和」(Positive Peace)とは~
日時:2018年4月8日(日)13:30~16:30
場所:三鷹市市民協働センター第1会議室
☆映画上映~「コスタリカの奇跡」(短縮版57分)
(軍隊のない国コスタリカのドキュメンタリー)
☆トーク~井筒高雄さん(元自衛隊レンジャー部隊)
☆トーク&トーク~積極的平和を足下からつくるには~;井筒高雄さん&野村羊子

(‥続きは以下の「ニュース」(PDFファイル)に掲載)


○これらのニュースはこちらからもご覧いただけます。
【NEWS:PDF版ダウンロード】
180213News-no107.pdf

○日々の活動は、twitterにて発信しています。
↓このページはブログ形式で、どなたでもご覧いただけます。
twilog logo.png野村羊子
( http://twilog.org/hitujinomura )